出張健康づくり

出張健康づくりの導入事例

企業さまの健康課題にあわせたソリューションプランをご提案しています。

サービス導入までの流れ

お問い合わせ ヒアリング人数・場所・時間・予算等 ご提案お見積り 実施詳細決定ご契約 実施

事例1|A健保組合さま

課 題 従業員の健康意識を高める施策を行いたい。
施 策

従業員のみなさまが、自らのカラダの状況を把握してから、具体的な生活習慣改善方法を学ぶ方法を提案いたしました。

【実施プラン】

  • 1.測定会:体組成測定会
    (カラダの状況を把握する)
  • 2.健康セミナー:「基礎代謝を高めて太りにくいカラダに!」
    (生活の中で実践するポイントを学ぶ)
  • 3.運動教室:「寝る前に実践できる!カンタン筋力トレーニング」
    (すぐに実践できる方法を学ぶ)
評 価

ご担当者さまの声

測定会・健康セミナー・運動教室を年に1回実施しています。
従業員は、測定会の後に、自分の測定結果に一喜一憂していますが、着実に従業員の健康意識は向上しているように感じています。これもカラダの状態がわかった上で、改善方法を学ぶことができるためだと思います。こういう方法だと従業員も実践に移しやすいようです。

事例2|B企業さま

課 題 6ヵ月間で従業員を効果的に減量できるプログラムを考えて欲しい。
施 策

実際に企業さまに伺って、レッスンをご提供するとともに、運動量が少ない日には、ご自宅でのエクササイズをフォローできるような仕組みを用意することをおすすめしました。

【実施プラン】

  • 1.測定会:体組成測定会・体力測定会(カラダの状況を把握する)
    ※プログラム開始時と終了時に測定会を実施し、効果判定の材料にしています。
  • 2.運動教室:エアロビクス、ダンスなど
    (実際にカラダを動かし、減量に必要な運動量を消費する)
    ※60分間のレッスンを週に3回、6ヵ月間実施しました。
  • 3.自宅エクササイズ:オンラインパーソナルトレーニング
    ※減量に必要な運動量を補うため、オンライン上で個別の運動プログラムも提供しています。
評 価

ご担当者さまの声

長期間にわたるプログラムでしたが、実際の事業所での運動教室とWebを使ったプログラムにより、従業員の減量をスムーズに進めることができました。わざわざティップネスの店舗まで行くのは面倒だと感じる従業員も、事業所内または自宅でフィットネスクラブに通っているような運動を実践することができ、運動実践のハードルは大きく下がったようでした。

事例3|C企業さま

課 題 長時間従業員がオフィスを離れることは難しい。
オフィスにいながら実践できる運動教室はないか。
施 策

短時間のエクササイズでも、オフィス業務による肩や腰のこりをほぐしたり、気分をリフレッシュさせることは可能です。まずはカラダを動かす気持ち良さが感じられるエクササイズをおすすめしました。

【実施プラン】

  • ・ストレスケア・ブレス&ストレッチ15分版
    ※週に1回、15分ずつのレッスンを4フロアで実践させていただきました。
    ※6ヵ月間継続中
評 価

ご担当者さまの声

昼過ぎから各フロアで実施をしてもらっています。主にストレッチをメインとした運動ですが、じわっと汗ばむ程度カラダが温まります。従業員のほとんどは、パソコンの前で1日を過ごしていますので、以前は慢性的な肩や腰のこりに悩まされていました。でも、この運動教室を始めたことで、業務の小休止の時間にも軽い体操を行う習慣が身につき、カラダのコリの改善だけでなく、業務の効率が上がったという声もしばしば聞きます。長時間オフィスを離れるわけではないので、仕事への集中力も途切れず、効率の良い方法だと思います。

ページトップへ